消費者金融の金利は高いのか?

消費者金融の金利について

この画面は、簡易表示です


Monthly Archives 2016 / 2月

生活でお金に困る時

生活でお金に困る時とはどういうときか。そもそもお金に困るとはどういうことか。そういう質問があったとしましょう。

まず考えられるのは、クレジットカードを使って買い物をし過ぎたという場合です。クレジットカードは後払いですから、支払いが重なると大変なことになります。それから、会社を休んだ日が多くて、収入が減ることでしょう。補助金や有給休暇などがないとした場合です。収入が減れば家計は赤字になりやすいです。収入に比べて支出が多い場合が赤字です。赤字が続いても預貯金があれば、何とか切り崩しできれば何とか持ちこたえられます。でもそういかないと困ります。
消費者金融やカードローンなどで借金で返済がきついときも困ります。日本銀行が行ったマイナス金利のようなことはあまりないと思っていいんですが、金利が高い借金だと返済が大変になります。
また、急な出費のときも困ります。交通事故で相手にケガさせたり、入院が長期になるとか、大病を患うと医療費が嵩みます。家族が多い場合、つまり、子どもが多いと入学が重なることもあります。そうなるといろんな出費が重なります。家庭でも冷蔵庫や洗濯機などの電気製品が同時に故障したり、壊れて買換えることになることがあります。そういうときも生活でお金に困る時と言えるでしょう。
急にお金が必要になった時には⇒【参考サイト:急ぎでお金を借りたい

一家の大黒柱が失業してしまうときも困ります。ギャンブルで浪費する人がいるときもそうでしょう。正規雇用でなく非正規雇用の場合は特に身分が不安定ですから、お金に困りやすいです。よくテレビ番組で、芸能人が連帯保証人になるよう頼まれて、頼んだ人が夜逃げしたりしていなくなり、連帯保証人となった芸能人が他人の借金を返したという話題があります。それは大変です。初めから逃げるつもりでだましたようですね。そのように詐欺の被害に遭うと生活が困難になるほどお金に困ります。投資を勧誘されたり、株式に投資して損失になることもあります。これは損失を出した方にも責任があります。世の中うまくいくとは限らないのです。大金を盗まれたときも困ります。老後に貯めておいたお金とか会社の社長が社員のボーナスを盗まれたという事件の報道はよく見聞きするものです。以上が冒頭の答えになりますね。




top