消費者金融の金利は高いのか?

消費者金融の金利について

この画面は、簡易表示です


Monthly Archives 2015 / 11月

ブライダルヘアメイク

ブライダルヘアメイクを失敗しないコツの紹介です。

最高の結婚式にするために一生懸命に準備万端に整えてきたのに、当日のヘアメイクが気に入らない仕上がりになってしまったら・・・自分自身に自身が持てないとせっかくの結婚式も笑顔で居られなくなってしまいますよね。また、みんなに笑われてしまうのではないかと全く落ち着かなくなってしまいます。そんな失敗を防ぐためにも、自分で前もってできることやメイクさんとのやり取りの仕方の基本的なことを書いてみますね。

普段の美容院で切り取りを持参して瓜二つにできないと文句を言うくらいの人であればヘアメイクのリハーサルは行った方がいいと思います。

普段から、お任せやこんなイメージが出れば細かい部分はプロの目で綺麗にしていただけるのであれば・・・なんて方はリハーサルは不要かと思います。

リハーサルでの出来上がりは動画や写真で撮っておくといいでしょう。

リハーサル担当者と当日の担当者が万が一違ったとしても、きちんと申し送りができていればそう問題はないのですが、リハーサルの時に伝えた細かなニュアンスなどが伝わっていないということもあるかもしれません。そうなると、一体何のためにリハーサルをしたのか分からなくなってしまいますよね。そうならないためにも、申し込む時には当日の担当者と同一人物なのかどうか、きちんと確認をしておくことが大事です。

また、病気などの突発的なアクシデントにより、担当者が変更になってしまうことも考えられるので、リハーサルの時にはデジカメなどで記録を残しておくと安心だと思います。

ドレスの写真を持ち込みするのもいいですね。ドレスやブーケなど決まっているものの写真を見せてください。自分のやりたいメイクとドレスやブーケが合わなかったら少し残念だからです。
自分の希望するメイクと合うかどうかを担当の方に相談してみましょう。
ヘアメイクのリハーサルにどうしても納得がいなかい場合には思い切って別の担当者を探した方が無難です。

ヘアメイクを花嫁っぽくする・しないというより、その担当者さんを外すように思い切ってお願いしてみることも大切です。プランナーさんにお願いをしてみると変えてくれると思います。

でも、同じ会場の担当者ならば似たり寄ったりの可能性もありますので、もしヘアメイクのリハーサルを再度するくらいであれば、外注して持ち込み量などにそのお金を回した方がいいと思います。

外部からだと別料金を結構取られる場合もあります。ヘアメイクさんに払うものと、式場に払うもので二重に費用が掛かってしまうこともあるのでそちらはきちんと確認をしておいてくださいね。

ブライダルローンに含むことができたりもするのでローンに組み込んでみるのもいいかもしれませんね。

ブライダルローン参考にどうぞ⇒こちら

リハーサル以降に髪型の変更をするのはNGです。リハーサルの最中やそれ以降にヘアカットやカラーをすると、ヘアスタイルが思うように決まらなくなってしまいます。
なので、そういったことはリハーサル前に済ませておいたほうがいいですね。

イメージが思い浮かばない場合は、こういったのはやりたくないということだけは伝えておいた方がいいです。少々濃いメイクになったとしても心配しないでくださいね。

 




top