消費者金融の金利は高いのか?

消費者金融の金利について

この画面は、簡易表示です


え?もう結婚するの??ご祝儀払えないかも

大学時代に、困った支出で一番に思い出されるのは、友人の結婚式のご祝儀とその衣装代。
そして、結婚式二次会会費です。

大学の友達は学生なので、妊娠など、よほどのことがなければまず結婚する友達はでてこないのですが、地元の友達で、高卒や中卒で働いているお友達は、結婚がはやくて、予期せぬタイミングで結婚することになった、と言われることがあります。

女友達だと、20歳や21歳で結婚する子は結構でてきます。
一度、それぐらいに結婚ラッシュがあるようですね。
とっても嬉しいのですが、大学生にとっては、これが結構イタイ出費になるのです。

学生時代のアルバイト代は、月に6万程。

結婚式に来てほしいと言われると、ご祝儀3万円に加えて、ドレスや靴、ネイルサロンや髪型のセットのための美容院代などで、プラス3万程で、合計6万前後はかかります。

アルバイト代全てをそこにそそぎこむわけにいかないので、親に借金するかバイトを増やすしかありません。

結婚披露宴に招待される場合は、3ヶ月程前に言われることが多いので、短期バイトやシフトを増やして、なんとかやりくりが間に合いますが、直前に言われる二次会は、バイトのお金から捻出できないので困ります。

二次会会費で、地味に5000円から8000円減り、また呼ばれる回数も披露宴より多いので、重なると意外と出費が大きくなります。

また、おしゃれでかわいいのですが、最近だとドレスコードがあって、新たに服を用意しなければならなかったり、また多いのはブライズメイドとして友達とお揃いのドレスを用意しなければいけなかったりで、衣装代もかさみます。

それに合わせてネイルや髪型もセットしなければなりません。
アルバイトだけで補えない時は、親に借金をしてやりくりをしていました。

また、一人暮らしでしたので、食事を削って捻出することもありました。

アルバイトの賄いで食事が済むようにしたり、1週間じゃがいもだけ食べて過ごしたり。
とにかく結婚式をはじめとする交際費が、一番困ったように思います。

今なら、ローンを組めばすぐにかりることもできるんですよね。
便利な世の中になったものです。
ローン会社を比較しているサイトがあったので、コチラを参考にしてみてくださいね。
借り入れ審査※銀行?消費者金融?【マルオの独断と偏見】



生活でお金に困る時

生活でお金に困る時とはどういうときか。そもそもお金に困るとはどういうことか。そういう質問があったとしましょう。

まず考えられるのは、クレジットカードを使って買い物をし過ぎたという場合です。クレジットカードは後払いですから、支払いが重なると大変なことになります。それから、会社を休んだ日が多くて、収入が減ることでしょう。補助金や有給休暇などがないとした場合です。収入が減れば家計は赤字になりやすいです。収入に比べて支出が多い場合が赤字です。赤字が続いても預貯金があれば、何とか切り崩しできれば何とか持ちこたえられます。でもそういかないと困ります。
消費者金融やカードローンなどで借金で返済がきついときも困ります。日本銀行が行ったマイナス金利のようなことはあまりないと思っていいんですが、金利が高い借金だと返済が大変になります。
また、急な出費のときも困ります。交通事故で相手にケガさせたり、入院が長期になるとか、大病を患うと医療費が嵩みます。家族が多い場合、つまり、子どもが多いと入学が重なることもあります。そうなるといろんな出費が重なります。家庭でも冷蔵庫や洗濯機などの電気製品が同時に故障したり、壊れて買換えることになることがあります。そういうときも生活でお金に困る時と言えるでしょう。
急にお金が必要になった時には⇒【参考サイト:急ぎでお金を借りたい

一家の大黒柱が失業してしまうときも困ります。ギャンブルで浪費する人がいるときもそうでしょう。正規雇用でなく非正規雇用の場合は特に身分が不安定ですから、お金に困りやすいです。よくテレビ番組で、芸能人が連帯保証人になるよう頼まれて、頼んだ人が夜逃げしたりしていなくなり、連帯保証人となった芸能人が他人の借金を返したという話題があります。それは大変です。初めから逃げるつもりでだましたようですね。そのように詐欺の被害に遭うと生活が困難になるほどお金に困ります。投資を勧誘されたり、株式に投資して損失になることもあります。これは損失を出した方にも責任があります。世の中うまくいくとは限らないのです。大金を盗まれたときも困ります。老後に貯めておいたお金とか会社の社長が社員のボーナスを盗まれたという事件の報道はよく見聞きするものです。以上が冒頭の答えになりますね。



ブライダルヘアメイク

ブライダルヘアメイクを失敗しないコツの紹介です。

最高の結婚式にするために一生懸命に準備万端に整えてきたのに、当日のヘアメイクが気に入らない仕上がりになってしまったら・・・自分自身に自身が持てないとせっかくの結婚式も笑顔で居られなくなってしまいますよね。また、みんなに笑われてしまうのではないかと全く落ち着かなくなってしまいます。そんな失敗を防ぐためにも、自分で前もってできることやメイクさんとのやり取りの仕方の基本的なことを書いてみますね。

普段の美容院で切り取りを持参して瓜二つにできないと文句を言うくらいの人であればヘアメイクのリハーサルは行った方がいいと思います。

普段から、お任せやこんなイメージが出れば細かい部分はプロの目で綺麗にしていただけるのであれば・・・なんて方はリハーサルは不要かと思います。

リハーサルでの出来上がりは動画や写真で撮っておくといいでしょう。

リハーサル担当者と当日の担当者が万が一違ったとしても、きちんと申し送りができていればそう問題はないのですが、リハーサルの時に伝えた細かなニュアンスなどが伝わっていないということもあるかもしれません。そうなると、一体何のためにリハーサルをしたのか分からなくなってしまいますよね。そうならないためにも、申し込む時には当日の担当者と同一人物なのかどうか、きちんと確認をしておくことが大事です。

また、病気などの突発的なアクシデントにより、担当者が変更になってしまうことも考えられるので、リハーサルの時にはデジカメなどで記録を残しておくと安心だと思います。

ドレスの写真を持ち込みするのもいいですね。ドレスやブーケなど決まっているものの写真を見せてください。自分のやりたいメイクとドレスやブーケが合わなかったら少し残念だからです。
自分の希望するメイクと合うかどうかを担当の方に相談してみましょう。
ヘアメイクのリハーサルにどうしても納得がいなかい場合には思い切って別の担当者を探した方が無難です。

ヘアメイクを花嫁っぽくする・しないというより、その担当者さんを外すように思い切ってお願いしてみることも大切です。プランナーさんにお願いをしてみると変えてくれると思います。

でも、同じ会場の担当者ならば似たり寄ったりの可能性もありますので、もしヘアメイクのリハーサルを再度するくらいであれば、外注して持ち込み量などにそのお金を回した方がいいと思います。

外部からだと別料金を結構取られる場合もあります。ヘアメイクさんに払うものと、式場に払うもので二重に費用が掛かってしまうこともあるのでそちらはきちんと確認をしておいてくださいね。

ブライダルローンに含むことができたりもするのでローンに組み込んでみるのもいいかもしれませんね。

ブライダルローン参考にどうぞ⇒こちら

リハーサル以降に髪型の変更をするのはNGです。リハーサルの最中やそれ以降にヘアカットやカラーをすると、ヘアスタイルが思うように決まらなくなってしまいます。
なので、そういったことはリハーサル前に済ませておいたほうがいいですね。

イメージが思い浮かばない場合は、こういったのはやりたくないということだけは伝えておいた方がいいです。少々濃いメイクになったとしても心配しないでくださいね。

 



生活費に困り、消費者金融で借金するか悩みました。

つい先日のことなのですが、仕事を辞め、今は求職中です。

仕事が嫌だったということではなかったのですが、途中で病気になり、しばらく家での静養が必要だったため、人事の方と相談した結果残念ながら退職するという結果になってしまいました。

今はなんとか社会復帰できそうなところまで落ち着き、仕事を探そうというところまで来ているのですが、仕事を辞めた当初は、無収入のいわゆるニートみたいなものになってしまったものですから、とにかく生活費に困りました。

一人暮らしだったので、実家に帰って家族に頭を下げ、助けてもらおうかと思いましたが、ちょうどそのころ祖母も体を悪くしていて、家族は介護で私を援助する余裕などとてもありませんでした。なので頼むに頼めず、自分でなんとかできないものかと思った結果たどり着いたのが消費者金融を利用しようということでした。

借金をするということなので、最初はとても抵抗がありました。でも、インターネットで調べていたところ、使いかたを間違えたり返済計画を誤ったりしなければ便利なものなのだと知りました。

探してみると所得証明不要で借入ができるところもありました。

ちなみにこういったところです⇒http://xn—-ro6a247c2pcgtgeqbj08kvhb.com/

キャッシング会社に正式に依頼するより先に、頑張ってパートでもいいので何らかの仕事に就職しておきましょう。ちなみに、働いている期間は長期のほうが、審査を受けるときにいい結果につながります。
利用しようとしているのがどのような金融系の会社が対応してくれる、どのようなカードローンなのか、などの点についても慎重になるべきところです。カードローンごとのメリットとデメリットを知っていただいてから、あなたにピッタリのカードローンを失敗しないように見つけてください。
どれだけ長く勤務しているかということと、何年間今の家に住んでいるのかのどちらとも審査の際に確認事項になっています。このため今の会社に就職してからの年数や、今の住居に住んでいる長さが基準以下の長さだと、そのことが原因でカードローンの可否を決定する事前審査で、悪いポイントになると言ってもいいでしょう。
いつからかわかりにくい?キャッシングローンという、おかしな商品も市民権を得ているので、すでにキャッシングとカードローンの二つには、深く考える必要がない場合には異なる点が、100%近く無くなってしまっていると言わざるを得ません。
ほとんどのキャッシング会社では、以前からスコアリングというミスの少ない公平な評価の仕方で、申込まれた内容の判断のための審査を行っているわけです。しかし融資が認められるラインについては、会社の設定によって開きがあります。

いわゆるキャッシングは、有名な銀行のグループ企業などの場合は、なぜかカードローンとご案内しているようです。一般的な使い方は、一般ユーザーが、銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りる、数万から百万円程度までの少額の融資のことを、キャッシングという名前で名付けているのです。
利用者が多くなってきたカードローンの審査が行われて、借入希望金額が10万円だけだとしても、申込んだ人の信頼性の高さによって、勝手に100万円、150万円というかなり大きな金額の上限額がカードローン会社によって設けられることがあるのです。
金利の面ではカードローンの利息と比較すると多少高めに設定されていても、わずかな金額で、短期間で返してしまえる見込みがあるなら簡単な審査で日数がかからずに借金できるキャッシングによって借りるほうが有利だと思います。
自分のスタイルにぴったりのカードローンっていうのはどんな特徴があるのか、また失敗しない年間の返済額は、どれくらいが限度になるのか、を理解していただいたうえで、ゆとりのある計画を組んで上手に便利なカードローンを活用するのがベストです。
ノーローンに代表される「回数制限は設けず、借入から1週間無利息」というびっくりするようなサービスでキャッシング可能なという場合も少なくなくなりました。チャンスがあれば、魅力的な無利息キャッシングによって一度は融資を受けてください。

ポイントによる特典を準備しているカードローンというのは、融資を受けた実績に応じて会社独自のポイントで還元し、融資されたカードローンの契約時に定められた支払手数料に、集めてもらったポイントを現金での支払いの代わりに充てていただくことが可能なサービスを導入している会社も結構あるみたいです。
非常に有名なキャッシング会社のほとんどは、日本を代表する超大手の銀行だとか、大手銀行と関係の深い関連会社とか関連グループによって経営管理しているので、忙しい方に人気のパソコンやスマホなどからの申込に対するシステムも整備済みで、どこにでもあるATMからの返済もできますから、絶対に後悔しませんよ!
新規に申込まれたキャッシングの場合、現在の勤務先である会社などに担当者から電話あることは、回避できません。あれは事前審査のひとつで在籍確認といって、所定の申込書で申告があった勤務場所に、在籍中であることをチェックするために、申込んだ方の勤め先に電話をかけて確認しているのです。
一般的に収入が安定した職業についている場合だと、申し込み日の即日融資が簡単に受けられるのですが、自分で商売をしているとかアルバイトといった場合は、融資の審査に時間が必要となることがほとんどで、希望どおりに即日融資が実現しない場合も出てきます。
多くのカードローンなら、なんと即日融資だってできるんです。ですからその日の朝カードローンの申し込みを行って、融資の審査が完了したら、なんと当日午後には、カードローンによって新規貸し付けを受けることが可能なのです。

しかし…最終的に契約をすることには至りませんでした。というのも、私は無職で、安定した収入も見込まれない状況。どの貸金業者も、基本的には安定した収入があることが最低条件とされていたため、審査に通るか否かを考える前に申し込みすることはやめました。昔友人が、無職だったころに消費者金融から借金をしていて、返済が間に合わず大変そうだったのを覚えていたのですが、最近は法律が改正されて基本的には無職の人には貸してもらえなくなったのだと知りました。でも考えてみれば当たり前のことでした。いくらこれから仕事を探す予定とはいえ、現在は不安定の身で、そんな人にお金を貸してもらえるはずがありません。頼るあてはもう何もなく、どうしようもなくなってしまったので、私はやはり家族に頭を下げに行きました。実はこのようにお金を家族から借りることは二度目だったので、その気まずさは大変なものでした。今もなんとか家族から援助を受けて生活しています。

 

 



できれば利用したくない機関

消費者金融と聞いてまず思い浮かべるのが金利。消費者金融を利用すると金利で苦労するイメージがあります。
そして何より恐い。

一度借りてしまうと金利が高いためなかなか返すことができず、自分はもちろんのこと家族も苦労してしまいそうです。無難に返せるというイメージが全くなく、銀行からお金を借りた方が安心感があります。

消費者金融で借りたお金を返すまでにはかなりの時間がかかると思います。どれだけ金額が少なくても、金利のせいで思うように返せず、結局何年も苦労し、自分の精神力も体力もお金も吸い取られ、不幸になる道しかないような印象を受けます。

私が勝手な想像をしているとわかっていますが、そういう人もいるということで、消費者金融を良く思っていない人は多いのではないでしょうか。

ただ、気軽に借りられるという点では面倒くささがなく、誰でも利用できていいかもしれません。

気軽に借りられるという点をいいと思うか悪いと思うかは人によって違うと思いますが、ギャンブルやお酒など、生きていく上で重要ではないことにお金を使わなければ、ひとつの手段としてはアリかもしれません。

生活に必要な分を借り、必死になって仕事をしてお金を稼ぎ地道に返していけばいいと思います。




top